子犬のトイプードル・ティーカッププードルの歴史と起源

MENU

トイプードルの歴史と起源

プードルの起源はヨーロッパ各地に古くから存在しており、フランスで中性の時代に人気が出始めたため原産国はフランスとなっています。もともとは、狩猟で水鳥の回収運搬などを得意とするプードルが、ドイツからフランスに渡ったとされており、水遊びの好きな性格のトイプードルが多いゆえんです。
一方、トイプードはトリュフの探知犬として活躍したという説があります。暗い山中でも高価なトリュフの在りかがわかるように、ホワイトのトイプードルが用いられたそうです。
またフランスでは16〜17世紀頃プードルは貴婦人たちにこよなく愛されました。当時からプードルのファッション性は高かったようです。そ1世紀頃にはすでに、ミニチュアプードルやトイプードルが作出されており、その時代の絵画には、尾にポンポンのついたライオンカットの小型プードルがよく見られます。

 

トイプードルブリーダー トップページに戻る