子犬のトイプードル・ティーカッププードルの大きさサイズについて

MENU

ティーカッププードルトイプードル子犬のサイズについて

トイプードルは、JKC(ジャパンケネルクラブ)では体高28cm以下と規定され、小型から超小型まで、ボディサイズに幅があります。
トイプードルはスタンダードプードルの完全な縮小型であり、プードルとしての犬種標準はひとつです。さらに世界の国や地域によるタイプの差異もありません。理想的なプードル像は、世界共通です。

 

ティーカップ・プードルとは
一般的に日本でティーカッププードルと呼ばれているのは小ぶりのトイプードルプードルのことです。公認の犬種ではありませんが、体高約23cm以下の小さなトイプードルがティーカップ・プードルと呼ばれています。アメリカの雑誌で生後1ヶ月程度の仔犬がティーカップに入った写真が紹介され、それが話題となり、世界的に認知されるようになりました。

 

トイプードルとは
国際畜犬連盟が定めた公認犬種です。ミニチュア・プードルを更に小型化したものです。はじめは奇形がよく現れたが、改良の結果犬質が安定してきました。体高26〜28cm、体重3kg前後のプードルです。

 

ナノ・プードル
ティーカップ・プードルと同様に公認の犬種ではありませんが、体高約20cm以下の、ティーカップサイズよりも小さい極小プードルがナノ・プードルと呼ばれています。

 

ちなみに以下が国際畜犬連盟が定め、ジャパンケネルクラブが紹介するプードルの公認サイズ分類です。
1.スタンダード・プードル 体高45~60cm、体重15〜19kg
2.ミディアム・プードル 体高35~45cm、体重8kg〜15kg
3.ミニチュア・プードル 体高28~35cm、体重5kg〜8kg
4.トイ・プードル 体高26〜28cm、体重3kg前後

 

 

 

生き物ですから、基本的に成犬時のサイズは成犬にならないとわかりません。確実なサイズをお求めの方は、誕生して6ヵ月以上経過した子犬をお求めになられる事をお勧めいたします。
またサイズの小ささにこだわるお客様のお気持ちは分かりますが、小ささにこだわるあまり健康状態の良くない子犬を買ってしまうと思わぬ疾患を患ってしまったりしまうことがございます。当店では小粒でも健康優良な子犬で特にお顔のカワイサにこだわったトイプードルのみを全国の優良ブリーダー等を通して厳選してご紹介いたしております。

 

当店のホームページやブログ等へ記載の子犬のサイズは血統や前腹(その親犬が前にもうけた仔犬)・同腹(同時に生まれた仔犬)の成長状況などからの予測に基づくもので、そのサイズを保証するものではありません。 サイズは飼育状況によって大きく影響されます。よってサイズに関するクレームは一切お受けできません。

 

トイプードルブリーダー トップページに戻る